MPC-Buoyで藻類を抑制・モニタリングする

オンラインによる水質モニタリングと超音波技術を組み合わせることにより、湖や貯水池において総合的に、またコスト効率の高い藻類の抑制処理を可能とします。

 パンフレットをダウンロードする

太陽電力を使い音波で藻類を抑制処理

MPC-Buoyを1台または数台導入することにより、藻類の種類によりそれぞれ異なる超音波を照射させ、藻類を抑制処理するというソリューションを提供しています。1台のMPC-Buoyで直径500M範囲までカバーします。

algae-problem-solution

 

藻類抑制のメリット

効果的な藻類抑制処理

特定の超音波を使って水中に存在するほとんどの藻類を除去する。また、MPC-BuoyはTSS(全懸濁物質)、BOD、薬品の使用の減少させることを可能にします。

環境に優しい

LG Sonicが使用する超音波は水中動植物、動物プランクトンや昆虫などさまざまな生物に対して無害です。当社の製品は低出力の機器を使用するため(5−20ワット)、高電圧を水に通すことはありません。

無害・無毒

藻類の細胞壁は破壊されないため、藻類の有毒物質が水中に放されません。

広範囲の水面に効果的

MPC-Buoyは1台で直径500mまでの範囲において抑制処理が可能。広範囲に及ぶ水面の場合は、数台のMPC-Buoyが設置されます。

運転費用が低い

太陽電池によりシステムが運転し、またアクアワイパーが搭載されているため、頻繁な現場チェックの必要がありません。

簡単な設置とメンテナンス

クレーンなど重機器なしで簡単に設置することができます。またシステムのメンテナンスは、設置されたままで簡単に行うことができます。

製品の詳細

Control and monitor algae concept

 

水質のモニタリング

MPC-Buoyは以下のパラメーターを10分ごとに収集することで、水質を総合的に判断します。 クロロフィルa(緑藻)、フィコシアニン(藍藻)、pH、TSS(全懸濁物質)、水中の溶解酸素量、水温

藻類の大量発生を予測

収集したデータは、無線、GPRS遠隔計測、3Gを通じてリアルタイムにウェブベースのソフトウェアに送信されます。当社が開発したアルゴリズムに基づき、その時の水質状況に合った超音波照射プログラムを変更・調整することができ、また藻類の大量発生を数日前から予測することができます。

藻類を抑制処理

MPC-Viewソフトウェアに収集されたデータを使い、現在の水中の状態や生育藻類の種類を把握し、最適な超音波プロクラムに調整し照射します。これにより、この藻類種を除去し、新たに発生することを防ぎます。

水中の動植物に安全

システムの詳細

技術仕様書

下記画像にある番号をクリックすると、MPC-Buoy システムの詳細部分が表示されます。

MPC-Buoy system elements 1 2 3 4 5
  1. 1 4個のトランスミッタにより360度全照射方向をカバー
  2. 2 効率的なソーラー発電システム
  3. 3 フル装備のセンサーパッケージ
  4. 4 水底に固定されたブイ
  5. 5 通信/遠隔計測

衛生遠隔計測器を使って藻類が集中している部分を把握する

衛生遠隔計測技術は、広範囲におよぶ水面中の藻類の位置を正確に特定することができます。

MPC-Buoyを使うことにより、特定部分にある藻類の種類を正確に見つけ出すことができます。衛生遠隔計測器を統合することにより、広範囲にわたった水中のどの部分に藻類が発生しているかを把握することができます。

 

 

LG Sonic satellite remote sensing
MPC-View software

進化した水質モニタリングソフトウェア

LG Sonicはリアルタイムで収集された水質データをもとに、その時の水の状態に合った超音波プログラムに変更できます。

MPC-Viewソフトウェアの導入により、ユーザーは水質の状態および超音波による藻類抑制処理の進行状況を視覚的に追跡することができます。 LG Sonicによりこれらの水質データをリアルタイムで収集し、湖の状況を変えたり、超音波照射プログラムを変更、また新しい藻類発生を防ぐことができます。

 

設置とメンテナンスが簡単

クレーンなど重機器なしで簡単に設置することができます。またシステムのメンテナンスは、設置されたままで簡単に行うことができます。

MPC-BuoyとLG Sonicのモニタリング装置はモデュラーユニットであり、組み立ても設置も簡単にできます。構造物が軽量のため、小さなボートで湖の中心まで運び設置・係留ができます。

MPC-Buoy installed in a lake
MPC-Buoy close up shot

硫酸銅を100%減らす

事例を読む

太陽電池で作動する藻類抑制ブイ4台がニュージャージー州ショートヒルズのカヌー・ブルーク貯水池1号に導入され、原水貯水池の藻類とシアノバクテリアの抑制処理を行いました。この4台は2014年の春と夏の期間に5ヶ月間使用されました。

American Water logo

 

LG Sonicは20ヶ国以上において、MPC-Buoyのプロジェクトを現在運営しています。

お問い合わせ







  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。

海外発送いたします

LG Sonicの製品に関する情報、見積書、または設置方法に関するアドバイスをお求めの場合、ぜひご連絡をください。お近くのディストリビューターを可能な限りご紹介させていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

  • LG Sonic B.V.
  • Radonstraat 10
  • 2718 TA Zoetermeer
  • The Netherlands